ワールドワイドに活躍するピアニスト

碓井俊樹について

東京藝術大学付属高校、東京藝術大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学で研鑽を積む。渡辺 泉、武田 宏子、岩崎 淑、植田 克己、カール・ハインツ・ケマリング、アヴォ・クユムジャンの各氏に師事。
ヴィオッティ国際音楽コンクール(イタリア・ヴァルセジア)、オランダ・ミュージックセッション入賞、カントゥ国際音楽コンクール(イタリア)にて優勝。
オランダ・ミュージック・セッションでは最も優れた現代曲の演奏者に贈られるドネムス演奏賞を受賞。またウィーン現代前衛芸術団体”TAMAMU”より現代芸術特別賞を贈られる。フランスの作曲家ヴァンサン・ダンディのピアノ協奏曲日本初演。この他、各国大使館での特別演奏や2001年よりシリア共和国/パレスチナ難民キャンプにて国連の支援を受けてボランティア演奏会も開催している。ウクライナ/キエフ国立フィルハーモニー管弦楽団、ベネズエラ/シモンボリバルユースオーケストラ、ルーマニア/バカウフィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団をはじめ多くのオーケストラと共演、リサイタルや音楽祭を通じて世界的な巨匠とも数多く共演している。2003年よりウィーンにも居を構えここを拠点にヨーロッパを中心に演奏活動も行う。各国で開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コンクールの審査員を務めるなど多方面にて精力的に活動。これまでに演奏し友好を深めた国・地域は、40カ国以上にのぼる。北はアイスランドから南は南極大陸まで100ヶ国以上渡航している。世界各国を舞台に演奏活動を繰り広げ、人々との交流を通じて信頼を深めるなか精力的に芸術文化の向上を図っている。2018年スカルラッティソナタ100曲を1日でふくしま国際音楽祭にて演奏する。「音楽を通じた日本とアルジェリアとの相互理解の促進」について平成29年度外務大臣表彰を受ける。ジョージア共和国シグナギ市名誉市民を受賞する 作曲家バーシャ アザラシヴィリ氏より全ての国でのアザラシヴィリ氏の著作権管理を全権委任されている
一般社団法人 横浜シンフォニエッタ 代表理事/ゼネラルマネージャー、日本香港音楽協会理事長(香港)、エルシステマコネクト理事、Classic For Japan評議員、上野学園大学客員教授。
オフィシャルサイト toshikiusui.com